セミナー情報

【2019年6月19日(水)】介護事業所が知っておくべきセクハラ・パワハラ防止術 ~「指導」を「いじめ」と言われないために~


介護業界において、人材の離職防止は事業所の大きな経営課題であり、最も多い離職理由は、職場の人間関係といわれています。世代、立場、価値観の違いなどで、意図せず起こり得るのが「セクハラ・パワハラ」です。
事業所としてセクハラ・パワハラを防止するための体制、あるいは迅速に対応できる体制を整えていなければ、
離職だけでなく損害賠償問題にも繋がりかねません。
今回はトリプルグッドグループの弁護士が、事例を踏まえて、経営者の立場として取るべき対策をお伝えします。

※ コンサルタント、専門家の方のご参加はご遠慮願います。

【この研究会で学べること】
■そもそもセクハラ・パワハラとは
■セクハラ・パワハラの事例
■セクハラ・パワハラの防止術

【こんな方はぜひご参加ください】
■セクハラ・パワハラについてお悩みの方
■セクハラ・パワハラ対策が分からない方
■職場環境を改善し、従業員の定着率を上げたい方

【お申し込み】
>>このセミナーの詳細・お申し込みはこちらから

TOP