クレド経営

トリプルグッドは、「クレド経営」を実践しています

トリプルグッドのクレドカード
クレドカードの内面
▲トリプルグッドでは、社員全員がこのクレドカードを携帯しています。

私たちトリプルグッドは、メンバー全員が日々、クレドに基づいて仕事に取り組んでいます。

クレドとは、「信条」を意味するラテン語を起源とする言葉で、昨今では「企業の信条や行動指針を記した携帯できるカード」を指す言葉として定着しています。

トリプルグッドでは、社員全員で作成した独自のクレドカードを全員が常に携帯しており、仕事観を共有するという取り組みを8年以上前から行なっています。

この取り組みの結果、経営者から新入社員まで、クレドの価値観に基づいてすべての意思決定と行動が行われることにより、社員の成長および自律を促進することができています。

結果、創業より10数年以上連続して増収・成長を続けることができ、かつ、社員の働きがいの向上も促進することができています。世界的従業員の働きがい調査機関であるGreat Place To Work® Instituteによる、「働きがいのある会社」ランキングにも、1位に選出されました。

働きがいとは

働きがいランキング選出についてはこちら

信念のつまったクレドカード ▲クレドの中には三方よしの理念に基づき、社員全員で創り上げた信念がつまっています。

トリプルグッドのクレドは、お客様やメンバー、そしてその家族、取引先様、社会など、当社に関わるすべての人々が幸せになるよう、トリプルグッドのフィロソフィーである、「三方よし」の理念に基づき、メンバー全員で知恵を絞って創りあげた信念です。

メンバーがクレドの価値観でサービスを提供することができれば、必ずお客様にも喜んでいただけます。お客様が喜んでくだされば、メンバーも仕事が楽しく、やりがいに満ちたものになります。

「お客様の満足がメンバーの働きがいにつながり、メンバーの働きがいがお客様の満足につながる。」
「よい影響を与え合いながら、相互に発展・繁栄することができる。」
私たちは、クレド経営についてこのように考えています。
私たちは、クレドをいつも心にとどめ、これからも「クレド経営」を実践していきます。

そして、社会がよりよくなるよう、お客様をはじめとする社外の方々に、私たちの考え方を広めていきたいと考えています。

働きがいとは

働きがいとは、福利厚生や社員にやさしいなどの「働きやすさ」の指標ではなく、経営層を信頼でき、仕事に誇りがもて、かつ仲間との連帯感がもてるかなど、いわゆるやりがいに近い指標です。

会社が働きがいを高めるために実際に行ってきた施策と、離職率・昇進昇給率・売上・経常利益など、その実績値に基づく効果、社員のアンケート、リサーチ機関のヒアリングなどによって計測されます。

Great Place to Work®の「働きがいのある会社」ランキングについて詳しくはこちら

ページの先頭へ